診察案内

トップページ >  診察案内【痛くない麻酔/治療】

痛くない麻酔/治療

「歯科恐怖症」という言葉をご存じでしょうか?
歯が痛かったり、詰め物が取れたり、歯に何らかの異常を感じ、歯医者に行かなくてはならない状況になっても、怖いという思いが先に立って歯医者に行けない方たちの症状です。
どうして歯科恐怖症になったしまったのでしょう? 小さい時の歯医者さんでの、怖い、痛いの記憶が蘇るからです。
では、その「痛い」に関しては、平塚のみんなの歯科では最大の注意を払っています。
「麻酔の注射が痛いのでは?」と思いますか?
いいえ、それはぜいぶん昔の話です。
今では、下記の手順を踏むので大丈夫です。
痛くない麻酔/治療

1.表面麻酔をします
「注射の痛み」を抑えるために、歯ぐきの皮ふに麻酔薬を塗り「表面麻酔」をします。
「表面麻酔」をすることで、注射の痛みを抑えることが出来ます。

2.麻酔の注射をします
注射と聞いただけで、痛いと思ってしまいませんか?
表面麻酔をしているので、痛みは感じません。
痛みを感じないための、技術があります。
そのために、平塚のみんなの歯科では、医師はルーペ(拡大鏡)を使用しています。
注射の入る瞬間を拡大して注意深く見て、丁寧に工夫して注射すれば、痛みはありません。 平塚のみんなの歯科の歯科医は、丁寧に、省略せず、しっかりと麻酔をいたします。 ご安心しておまかせくださいませ。

>> 院長インタビューへ


診療案内

>>


スタッフblog
スタッフ募集
モバイルサイトのご案内
神奈川インプラント情報サイト
クレジットカードご利用可能
>>サイトマップ
Copyright © All Rights Reserved.