診察案内

トップページ >  診察案内【歯周病】

歯周病

今や、日本人40歳代以上の8割が罹患している「歯周病」。
歯周病って、どんなものでしょうか?
歯周病とは、歯を支える歯ぐきや骨が壊されていく「病気」なのです。
生活習慣病の1つとされています。
歯周病

歯周病の原因

歯と歯ぐきの間に汚れ(プラーク)が溜まり、そこに多くのばい菌が繁殖して炎症が起きている状態です。
歯周病は、虫歯と同じ感染症です。
炎症が起きると、歯ぐきは、血に混ぜてばい菌を掻き出そうとして出血を起こします。
歯周病が進むと、歯と歯茎の間に「歯周ポケット」ができ、さらには歯を支えている土台の骨(歯槽骨:しそうこつ)が溶けてきて、最後は歯が抜けてしまう恐ろしい感染症です。

歯周病のリスク

まずは、歯を失うということです。
歯を失う原因は、虫歯を抜いて歯周病がトップなのをご存知ですか?

歯を失う原因
【出典】8020財団 http://www.8020zaidan.or.jp/

また、最近の研究で下記の疾患の一因であることがわかっています。
・狭心症・心筋梗塞
・脳梗塞
・糖尿病
・低体重児早産
・誤嚥性肺炎

痛くない麻酔/治療

【歯周病が全身に及ぼす影響】
日本臨床歯周病学会ホームページより
http://www.jacp.net/jacp_web/general/about.html

口の中のバイ菌は、胃腸で吸収され、全身に廻って行くと思うと、とても合点がいきます。 ですので、気になる症状がございましたら、平塚のみんなの歯科にいつでもお問い合わせください。


診療案内

>>


スタッフblog
スタッフ募集
モバイルサイトのご案内
神奈川インプラント情報サイト
クレジットカードご利用可能
>>サイトマップ
Copyright © All Rights Reserved.