診察案内

トップページ >  診療案内【根管治療とは?】

根管治療とは?

虫歯は、歯の一番表面のエナメル質だけですめば、削ってつめるだけで済みます。
ところが、虫歯を放置していると、象牙質、さらには根っこまで進んでしまいます。 その場合、歯の根っこの治療をしなくてはなりません。
ところが、歯の根っこはとても複雑な形をしているために、簡単には膿やばい菌を取りきることができません。 きちんと消毒をして、埋めることを「根幹治療(こんかんちりょう、略して根治:こんち)」といいます。
あまり聞いたことない言葉かもしれません。 でも、ぜひ覚えておいてください。
根っこまで虫歯が進んで、神経を抜かなくてはならない状態になった場合、必須の治療になります。
ここをいい加減にすると、残っているバイ菌が悪さをして、晴れて膿を持ち、また治療しなくてはなりません。

「何回も何回も同じような治療をしている」
「忙しいと、治療したことろが痛い、疼く」

そんな時は、以前の「根幹治療」がうまくできていない可能性があります。
心配を抱えているよりも、平塚のみんなの歯科へ相談にいらしてください。
平塚のみんなの歯科の院長は、この「根幹治療」を得意としております。
「根管治療」は、術者の技量により大きく差が出ます。
レントゲンを撮ると一目瞭然で、「膿」があると歯の根の先に黒い影が映ります。
それが膿の正体です。

>> 院長インタビューへ

歯の根っこの治療

診療案内

>>


スタッフblog
スタッフ募集
モバイルサイトのご案内
神奈川インプラント情報サイト
クレジットカードご利用可能
>>サイトマップ
Copyright © All Rights Reserved.